夢追い人のブログ=[RSD/CRPS]罹患臨床”

アクセスカウンタ

zoom RSS アスクドクターズでは、相談者様が満足する回答を多く頂ける医師の方々を積極的

<<   作成日時 : 2018/08/07 22:04  

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

リッチさん

アスクドクターズでは、相談者様が満足する回答を多く頂ける医師の方々を積極的に後押ししていきたいと考えており、そのために皆様のお声が回答医師の皆様の励みとなります。

AskDoctors

家庭の医学アスクドクターズ

主治医の先生に相談しがたい質問や家族や知り合いの質問に全国多数の登録医師が

即座に回答くださる当サイトを「少額」で、利用いただけます。

、{夢追い人}は極難治性の複合性局所疼痛症候群(CRPS)長い闘病生活しています。




複合性局所疼痛症候群2型カウザルギーの治療は?

RSDともCRPSとも呼称される疾患につき我が邦の医療機関の医師の実状を
お聞かせ願いたいと思います。治療不可能かそれだけの殆どの医師に認識すら
ないのかお聞かせください。患者は疼痛で、心底、生に対する嫌悪感をもち
つつ日々過ごしています。日本の医療界として、この罹患者をどのように
お考えかお答え願います。
(70代以上/男性)

質問者:リッチ さん
2018/08/03


ピーちゃん 先生
整形外科

難治性の神経障害性疼痛でブロック注射などの組み合わせがいいのかに
なりますが治りにくい方が多いのも事実で、どの治療が効果があるのかを手さ繰りで
行っているのが現状です
疼痛外来、整形外科などで治療も行いますが出来ることは行っております。

2018/08/03

おっしゃるとうりです。
できることは、現代医学の対処法は、分かりますが、罹患患者の状態が
進行する状態において、国際研究財団の博士等三名は125年前に、その
実態を把握し臨床医で罹患患者でもある博士の臨床、体験報告はありますが
何故、我が邦は17年から真下節座長に心の科学研究事業で、3年間
2008年住谷が5.46/10万人の発症率としていることより
6500人の帯状疱疹後疼痛に次ぐCRPSを我が邦の医療界が、
なんとかしなくては、と思う米国や韓国のように国全体をあげ注目
しなかった理由を日本医療界に問いたいのと、国政も同様”です。   リッチ


2018/08/03


ピーちゃん 先生

この病態は診断はそれほど難しくないのですが治療が困難で石も中々手を出さない場合があるのも事実です
口コミやネットの評判できちんと診てくれる先生の受診を遠くても受けないと改善は難しいかと思います。

2018/08/04



かずえもん 先生
一般内科


そうですね、すべての医師が知っているという疾患ではないと思います。
根本的な治療法はなくブロック注射などで対処療法をするしかないですね。

2018/08/03



神奈川の耳鼻科医 先生
耳鼻咽喉科


専門医でないと知らないでしょうね。
疼痛治療に明るくないと整形外科医、神経内科医であっても詳しいことは知らないのではないでしょうか。

2018/08/03


ありがとうございます。28年間で、臨床医より実臨床体験いたしました。
ご回答ありがとうございます。おっしゃる通りですが、漠然としています。
が、その通りで、臨床医で、CRPSに罹患した患者のRSD/CRPSは、通常、
四肢の一つまたはそれ以上にあ らわれる多症状で多くの生体調節系が関わる
症候群だが、事実上、身体のどの部分にでもでてくる。ミッチェル博士、
モーレハウス博士、キーン博士により125年も前に明解に報告されているのだが、
RSD/CRPSを最も適切に説明すれば、神経や軟部組織への外傷(たとえば骨折)
から通常の治癒過程をたどらない疾患だといえる。RSD/CRPSの発現は外傷の
大小にはよらない(たとえば、指の小さな創が疾患の引き金になることもあ る)。

2018/08/03


済生会守山市民病院 宮本 浩次 先生
整形外科医師


症状に個人差がありますが、かなり難治性の疾患ですので、治療に難渋することが多いです。
神経ブロックやリリカなどの治療薬が考案されていますが、決定的な治療法がないのが現状です。
少なくとも早期発見、早期治療が必要な疾患の一つです。

2018/08/04

注目の検索ワード

熱中症 症状
熱中症 予防
RSウイルス
肝臓の数値が高い
不眠症
溶連菌
ヘルパンギーナ
MRワクチン
手足口病

平成初期までの日本は「難治性の難病」反射性交感神経性ジストロフィ−(RSD)/複合性局所疼痛症候群_ComplexRegionalPaiSyndrome(CRPS)という名称でも知られている疾患の「診断及び治療」を臨床治療している医師は希少で、殆どの医師に理解できない状態であった。治療のガイドラインもなく,生体調節系が係わる症候群で、最新治療94”11月時において、上記疾患のRSD/CRPSの{発症の起因・痛みの性状・診断・治療}臨床的治療を掲げ、今後の展望として類似疾患の病態や原因の解明は、細胞レベル、遺伝子レベルで進歩していくと思います。ただし、病態が理解できても、治療に結びつかなければ意味ありません。画期的な治療が開発されるまでは今ある手持ちの治療法を、西/東医学の治療法をあれこれ試して、最も有効な方法を探り当てるしかないと、ただ一般的に言ってRSD・CRPS は「早期発見治療」すればそれだけ予後は良くなります。早期発見・治療は大切です。と、慶応義塾大学院麻酔科_漢方クリニック山田寛幸(ヒロユキ)博士は、医学的臨床報告されています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
リンクに表示されるテキスト
アスクドクターズでは、相談者様が満足する回答を多く頂ける医師の方々を積極的 夢追い人のブログ=[RSD/CRPS]罹患臨床”/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる